スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生 ーすっかりタイミングを失っていましたー

ハオルチアの実生です。
地味です。
いつも他の記事が優先されていて、すっかり記事をアップするタイミングを失っていました。


IMG_0791_20110302201039.jpg

この写真は前回2009年11月21日の実生記事より。

2009年7月27日に播種したもの。

左側が、
オブツーサ×ヴェヌスタ ×ブラックベルディアナ「羽衣」。

右側が、
山中コンプトニア 自家受粉。
(手前の方、オブツーサの葉挿しが居候しています)


それから月日は流れー


DSC_2130.jpg

こちらが現在の、オブツーサ×ヴェヌスタ ×ブラックベルディアナ「羽衣」。

6粒種を蒔いて、5株育っています。
5/6ってすごい確率じゃないですか。
そのうちの一番大きい株と一番小さい株です。


DSC_2132.jpg

こちらも同じく、オブツーサ×ヴェヌスタ ×ブラックベルディアナ「羽衣」

どうですか?
これってどうなんですか?
自分で育てたというひいき目があって、ハッキリとは言いたくないのですがもしかして・・・ありがちな雰囲気になってます?w

個人的には一番小さな子がちょっと面白いかなと思います。


DSC_2098.jpg

こちらは山中コンプトニアの今。
3つともではありません。
一番大きいのがこてっちさんにもらったピグマエア、奥がクブシエ、右端が山中コンプトニアです。

種16粒のうち5つ発芽、その後、生長がぱったりと止まってしまう芽が続出し、かろうじてこの株だけが生き残っています。
ちょっと面白い肌模様でしょう。
コンプトのくせになかなか大きくならないのですが、じわじわと育ててゆきたいと思っています。


さて、
これらの種はエレミヤさんからいただいたものです。

エレミヤさんが、万が一この記事をご覧になっていて、万が一気に入ったものがあれば里帰りさせますので遠慮なくおっしゃってくださいw


追記:エレミヤさんのコメントにありますように、
オブベヌ×羽衣(違うかも)は、見た感じ、羽衣」が掛かっている様子が見られるので(違うかも)を外していいようですとのことで、私も生意気ではありますが、そのように見えましたので(違うかも)は外しました。





スポンサーサイト

フリチア 

今日は地味~~ですよ。


先日旅行で3日ほど家を空けていたのですが、帰ってきて多肉棚を見て驚いたこと。


IMG_1320_20100218143622.jpg

ちょっと前までこんな感じだったフリチア(光玉)が・・




IMG_1560.jpg

こんな巨大化。
まあ、巨大といっても1.5cmくらいですけど。

茎が玉虫色に輝いております。
フリチアはついでに実生をはじめたのでそれほど注目していなかったのですが、こんなに美しい茎をしているとは!


ついでに実生といえば、こちらが本命、フェネに触れないわけにはいきません。

あのですね、あのとき「これが遺影にならなければいいのですが」と言ったその3日後・・


IMG_1419.jpg

溶けました。
預言が当ってもうた。(TT)

もう、フェネの植え替えはしちゃいかんということでしょうか・・!

しかし、小さな希望の光が・・現在、3株の生存者を確認しております。



そして、これは実生苗ではないのですが、オフタルモフィルムに気になることが・・


IMG_1457.jpg

ユキさん(名指し!)、これって「二重脱皮」ってやつですかね?(TT)


IMG_1459.jpg

こっちも。

もう、だいぶ前(昨年初冬頃)からこの状態なんです。
伸びているのは昨年の秋ごろからなんですけど、どうも水をやりすぎたような気がします。
日当りはかなりよい所に置いています(室内ですが)。


あまりに地味なので、おまけ。


IMG_1445_20100218150045.jpg

長男の幼稚園の先生にクラスを代表してプレゼントする予定の寄せ植え。
新任の二十歳の先生です。
先生というよりも、私の娘といってもおかしくないくらい。

あまりに初々しくて、どうなることかと思いましたが、息子はこの先生が大好きになりました。
やっぱり若くて可愛くて元気というのは最強ですね!



チマチマ植え替えました。

久々の実生記事。地味です。
あまりに地味なのでおまけをつけました。
よろしければ最後まで見てやってくださいませ。


IMG_1168.jpg

フェネストラリア五十鈴玉がこんなになってきました。’09年8月25日に播種したものです。
ムチムチのぎゅうぎゅう。
これは植え替えねば・・


IMG_1169.jpg

同じ日に播種(ハシュ)したフリチア光玉の方は小さいです。
この自作のペットボトル鉢が問題で。
底穴を大きく開けすぎてちょっと持ち上げるだけで土が底穴からザラザラこぼれるんです。
どんどん土が無くなってゆく。

これをなんとかしたいと植え替えることにしました。


IMG_1295.jpg

まずはフェネストラリア。
2鉢に分けて植え替え。
ハオとちがって、付け根からバタバタと倒れる棒を立たせながら、3株を片手に持ち、もう片手で土を入れ。
なんとか植え付けたけど、ここからが問題。
我が家にかつていたフェネ1号、2号とも植え替えでダメにしていますから。
これが遺影にならなければいいのですが。。


IMG_1320.jpg

フリチアの方。えーとどこにいるかわかりますか?
7~8株いるんですよ。
これは植え替えして、水を底から吸わせて様子を見ていたのですが、ふっくら大きくなっています。
植え替えして正解だったのか・・も?


IMG_1294.jpg

同じ日に播種したオフタルモフィルムMIXの苗も植え替え。
これは土を全部入れてから、爪楊枝でチマチマと植え付けました。
肩が凝りました。

実生の記事は以上です。ありがとうございました~。


おまけ。

24時間暖房完備の室内でも徒長せずにがんばっている多肉たち。


IMG_1297.jpg


IMG_1306.jpg


IMG_1307.jpg


紅葉は少し褪めてしまいましたが、どうです?
結構踏みとどまっていると思いませんか?
水は切っていません。
普通に土が乾いて、しばらく経ってから水をやっています(月1~2回かな)。

このまま春までがんばってくれ~~。


一気に見せちゃう ー実生っ子ー

すみません。オザキのフェアに参加して、燃え尽きてました。


東京から帰って我が多肉棚を見たときに一番驚いたこと。


IMG_0569_20091121151426.jpg

8月25日に播種したフェネストラリアです。
家を出る前はこんなに小さなカエル星人だったフェネの芽が・・・



IMG_0778_20091121151722.jpg

帰ってきたらこんなんになってました!
これもう立派なフェネストラリアですよね。

メセンの育て方のしおりに「芽が出揃ったら腰水は止めましょう」とあったので、わりと早めに腰水を止めていたのです。

ところが、家を空ける数日間に芽が枯れるのが怖かったので、腰水を復活させていたのです。
なんだあ、水が欲しかったのならそうと言ってくれたらよかったのに!


IMG_0781_20091121152422.jpg

対するフリチア。同じ日に播種したのですが、こんなにちんまり。


IMG_0783_20091121152646.jpg

こちらはオフタルモフィルム(MIX)。
小さくてよくわからないと思うのですが、実物はキラッキラです。
ちょっとブルゲリに通じるような内部のジェルっぷり。
頭のてっぺんにつまようじで刺したような凹みがあるのがかわいい。
そのままほんとにつまようじでプッと刺したろかと思うくらいかわいい。


IMG_0791.jpg

こちらは7月27日に播種した、

左側が、
A.オブツーサ×ヴェヌスタ ×ブラックベルディアナ「羽衣」(違うかも)。
種6粒のうち5つ発芽。

右側が、
B.山中コンプトニア 自家受粉。
種16粒のうち5つ発芽です。
(手前の方、オブツーサの葉挿しが居候しています)

だいたい3枚葉ですね。
いまのところは両者似たようなビジュアルです。


IMG_0786_20091121154133.jpg

玉緑×だるま葉コンプト(3月13日播種)。
こちらは特徴が出てきましたね~。


IMG_0789.jpg

玉緑っぽいですか?
透明度の高い窓。好きです。


もう実生とは全く関係ないのですが、カミングアウトさせてください。
うちの霜の朝があやしすぎる件。


IMG_0810.jpg

以前にオークションで入手した霜の朝。
実はこんなんでした。

葉っぱのふちがぐねぐねしていてなんだかわからない黒っぽい茶色っぽい汚れが付いています。
うちは幸いカイガラムシの被害にあったことがほとんど無いのでよくわからないのだけど、例えば虫がいて、防虫スプレー(ベニカとか?)したあとの葉ってこうなるのではないかなと想像してみたり・・違うかな?

生長点付近の葉が比較的キレイなのが救いです。
はやく育っていただいてアヤシイ葉が更新されないかなと思います。

お目覚めですか?

今日はハオルチアの実生の話なのですが、その前にちょっとこちらをご覧ください。

近所のホームセンターでボロボロの夕映えを買ってきたのは7月の終わり頃でした。


IMG_0746_20090927101445.jpg

値下がりして58円で売られていました。
夕映えはすでに我が家にいましたが、救出できればと思って購入しました。

家に帰ってよく見たら、カイガラムシだらけなことが発覚。
「ぎゃーー!」となりながらも水につけて洗い、
オルトランDXを混ぜた土で植え替えしました。

そして月日は流れ・・

今現在はどうかというと、


IMG_1965.jpg

どうやら目を覚ましていただけた様子。
キレイな色が出ていますね。こういうのを見ると嬉しいです。


そして、こちらも。
寄せ植えの中にいる万宝。


IMG_1081.jpg

え~と万宝はですね、どれかというと、
右はじにいるんですけど、雅楽の舞の前で、花月の隣で、玉つづりの後ろです。

この万宝さん、いつも寄せ植えの端っこで干涸びた、シオシオの姿でおりました。
そこでこの子を引き抜きまして(あまり根が張っていませんでした)、
別のプラ鉢に植え、お水多めにしていたところ、
ふっくらとしてきました。


IMG_1969.jpg

今はまた、別の子たちと一緒におります。
この鉢は寄せ植えではなく、とりあえずあぶれた子たちを一緒に植えただけの鉢です。
(後ろにいるのは雅楽の舞、白美人、愛星です)
万宝はやはりセネシオなんですね。お水が大好き。

寄せ植えの中にはグリーンネックレスもいたのですが、やっぱりシオシオになったので別にしました。
以来、寄せ植えにセネシオは使わないようにしています。

余談ですが、今の今まで私はこの万宝のことを「美空鉾」だと思っていました。
昔の写真をチェックしたら「万宝」だと書いてあり、勘違いが判明しました。。


それから、目を覚ましたのは、


IMG_1903.jpg

フェネストラリア(群玉)。
こちらは生き残った精鋭たち。水を吸ってプクパンになりました。
元は群生だったのですが、休眠期に植え替えをしたためか、毎日数本ずつ萎れてゆきました。
もうきっと全滅するだろう・・と思っていましたが、これだけが生き残りました。


最後にようやく実生の報告を。


IMG_1891.jpg

左側が、
A.オブツーサ×ヴェヌスタ ×ブラックベルディアナ「羽衣」(違うかも)。
種6粒のうち5つ発芽。

右側が、
B.山中コンプトニア 自家受粉。
種16粒のうち5つ発芽です。

Aの種がですね、なかなか発芽しなかったんですよ。
7月27日に播種して、その約1ヶ月後のある日、突然目を覚まして発芽したのです。
そして、播種から約2ヶ月後のつい最近また1つ発芽。
この種はだめかもな~~~と気を落としていたのが、蓋を開けてみたら5/6の高確率!

対するBの種は播種して3日後には芽が出ていました。
途中、発芽の際に種から発生する白いモケモケをカビだと思ってつまんで捨てられた種がひとつ。
それにしてもどんどん芽が出るでしょうと思っていたのに、結果5/16です。
わからないものですね~~~

なお、Aの苗にはすでに予約が入っております(P♪さん)。
そして、種を譲っていただいたハオの女王様にもお返しする予定です。
どうか無事に育ちますように・・!

プロフィール

*SEN

Author:*SEN
北の大地にてふたりの息子と格闘する毎日。
心のオアシスは多肉植物です。
なにかあるとすぐ多肉に逃避。
ハオルチアを主食としています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。