スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッスラ アルギロフィラ

まずはコチレドンの福娘。


DSC_2078.jpg


んもー!
このねー新しい葉のねー白い粉がねー誰にも触れられてなくてすべやかなところがねー
いいよねー。興奮する。


そして、本題のクラッスラ・アルギロフィラ。


DSC_2092.jpg

手前の花芽が2本出ているのがそうです。
この鉢はクラッスラ鉢でして、奥には先日花をさかせた玉椿がいます。

このアルギロフィラはこのときに入手しました。


DSC_2096.jpg

入手時は単頭だったのが、モコモコと子を仔を吹きました。
この写真は数日前のもので、この後ちいさな花が咲きました。
かすか~にいい香り。

クラッスラは育てやすいです。
暑さに弱く、夏の間に溶けてしまうことが多いようですが、我が家ではまったく無し。
また、花が咲いたあとで枯れてしまうこともあるようですが、それも無し。
クラッスラを育てるにはいい環境です♪

かといって特にもうこれ以上クラッスラを集める気は無いのですが(置き場が)・・。


DSC_2112.jpg

紅いクラッスラ、赤鬼城。
室内ですので紅葉は褪めてしまいました。
これくらいの濃ピンク&グリーンもポップでいいですね。



おまけ。
本日のブルゲリ。

DSC_2124.jpg

下の方がちょっとピンクに色づいてきましたよ♪


スポンサーサイト

玉椿の花

最初にご注意。
タイトルでピンと来ている方もいらっしゃるでしょう。
今日はちょっと背筋がザワザワするような画像が出てきます。
キモチワルイのが苦手な方はスルーしてください。


さて、我が家のクラッスラ・玉椿。

DSC_1085.jpg

これは今年の7月の画像。
真ん中の緑色のが玉椿、周りのブルーグレーのものが同じくクラッスラの玉稚児です。


DSC_1086.jpg

ふだんはこのように、先端が花のつぼみのような形状をしています。
こんなふうに幾何学的に重なっているクラッスラにときめきを感じるタイプです。

玉椿の先っちょは、いつも堅く閉じられているものだと思っていました。

もちろん、以前に玉椿の花が咲いている画像を見たことはありました。
見た瞬間「見なかったこと」にしている私がいました。


ある朝、ふと気づくと・・


DSC_1636.jpg

ニュ。

わあー
わあー
わあー

すみません。大げさだとは思うのですが・・キモチワルイ!!

そして数日後、

DSC_1738.jpg

咲きました。

そして、毎日見てたらすっかり慣れました。

今、気になっているのは、花が咲き終わった後、またちゃんとフタが閉じてくれるのか?
ということです。


最後に、キレイな画像を(いや、玉椿がキタナイというわけではなくて)


DSC_1743.jpg

室内でもふっくらとして紅葉も美しい花うららでした。


お行儀のよいクラッスラ

クラッスラの巴。


IMG_0537.jpg

この規則正しく並んだ葉っぱが大好きです。
誰に強制されたわけでもないのにキチンと整っております。

私は規則に従うことが苦手です。
でも、モノを規則正しく美しく収納するのは大好きです。

まあ、大好きというのと実行できるかどうかというのは別問題でして。
実際はとりあえずここに置いてしまえ収納&そこいらじゅうにおもちゃが散らかっている部屋で暮らしているわけですが。


IMG_0538_20091027104813.jpg

つい最近、花を咲かせた巴。
「巴は花が咲いたら形が崩れる」と聞いていましたが、どうでしょう。
確かに以前の方がみっちりと締まった形をしていましたが、この程度の崩れなら全然。
もっとすごいことになっている巴をよく目にします。


IMG_0506.jpg

こちらのクラッスラ・レモータも同じ時期に花が咲きました。
こちらも花が咲いて、少し形が伸びましたね。でも充分かわいい。


IMG_0555.jpg

こちらも規則正しい重なりが美しい玉椿。


IMG_0554.jpg

葉っぱのふちがピンクに紅葉しています。
そう言われてみれば椿のつぼみに似ていますね。


IMG_0542.jpg

椿の花に似ているのはこちらの名無しさん(たぶん高咲蓮華)の方かな。


IMG_0528.jpg

こちらはクラッスラ・パンクチュラータ。
白く粉を吹いております。よく見たらテンテンと地模様が入ってます。
クラッスラってこういうところにこだわりの模様が入っている子が多いですよね。


IMG_0529.jpg

クラッスラ・ルドリップとともに。寄せ植えの盆栽仕立てでございま~す。


自分向けの記録。
昨日、ベンケイソウ用の多肉棚を室内へ移動させた。
棚を移動させただけで、多肉の大変はまだ外にいる。
クラッスラやアドロ、コチレドン、エケの一部は室内へ。
今月末には最低気温が0度を切りそう。
それまではギリギリ外で。

あまり紅葉してないんですよ

本日の十勝。最低気温3℃だそうです。
昨晩あわてて水やりをした多肉たちを部屋の中へ避難させました。

こんなに寒いのに、多肉たちを見るとそれほど紅葉してないような気がします。
庭の山もみじも今年は紅葉が遅いし。

この分では多肉たちが紅葉する前に部屋に入れることになりそうです。


IMG_0068.jpg

虹の玉。
ほら、緑でしょう。


IMG_0079.jpg

オーロラ。
う~ん、まだまだ。


IMG_0035.jpg

同じ鉢いにるハムシー。
やっぱりみどり。


IMG_0070.jpg

乙女心。微妙。


IMG_0096.jpg

ロゲルシー錦。
ほんのり。


IMG_0099_20091008111131.jpg

左 ブロンズ姫錦。 右 ブロンズ姫。
まあ、ピーチ姫(ブ姫錦)が紅葉してないのはしょうがないんです。
ついこの間カット苗で入手した子で、今まで室内に居ましたから。


こちらは最近仲間入りした多肉。


IMG_0081.jpg

クラッスラ 赤鬼城。もぜんぜん紅葉していません。
これはヨコモりいこさんの赤鬼城の写真があまりに素晴らしかったので購入を決意。

写真、ご覧になりました?なにか気づきました?
そう!りいこさんの自称赤鬼城、おそらく火祭りと思われます。
ぜんぜん気づかなかった!
でも届いた赤鬼城がかっこよくて気に入ったので問題なし!


IMG_0059.jpg

こちらが全体像。
そこらにあった多肉を寄せました。
なんだかとんがった多肉ばかりが集まってしまいました。
これ、赤鬼城が真っ赤に紅葉したら、白い白美人と万宝との対比でいい感じになると思うのですが・・・

果たして紅葉するのか?

白エケとクラッスラ

今日は最近入手した新入り多肉さんをご紹介します。

まずはエケベリアの新入りさん。


IMG_1203.jpg

アルバです。
お肌が白くて美しいエケベリア。


IMG_1324.jpg

こちらの写真は室内から多肉棚をガラス越しに写してみました。
なぜなら表は強烈な陽射しが振りそそいでいるからです。
雨が降った後に晴れると陽射しが強烈ですね。
これは多肉にとって油断ならないです。



IMG_1204.jpg

クラッスラ ロゲルシー錦。
これはもう、りいこさんのロゲルシー錦に影響されました。
ウチの子は斑がぼやけているのですが・・・まあいいのです。


IMG_1206.jpg

斑のボケをおぎなってあまりある程の愛らしい背中。
背中(葉のウラ)の丸みといい、マットな毛といい!


IMG_1213.jpg

クラッスラ 姫星。
これはアルバとロゲルシー錦を落とした際についでに落としてみました。
奥に居るのが姫星です。
手前は以前からウチに居る十字星。
姫星も十字星と同じくらいの大きさかな?と思っていたので届いて見たときは驚きました。


IMG_1211.jpg

小さ!
いや~~小さい。
いいんです。姫星と言うからにはこれくらい小さくないと。


IMG_1314.jpg

唐突ですが。
芽が出ました~。
これはオフタルモ。
フェネもフリチアも芽が出ました~。

プロフィール

*SEN

Author:*SEN
北の大地にてふたりの息子と格闘する毎日。
心のオアシスは多肉植物です。
なにかあるとすぐ多肉に逃避。
ハオルチアを主食としています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。