スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多肉と鉢

たまに聞かれることがあるのでお答えします。


DSC_0126.jpg


私が鉢のペイントに使っているのは、バターミルクペイントのYellowish Whiteという色です。

私が多肉と鉢をコーディネートするときにポイントとしているのが「多肉の色を活かす」ということです。

多肉植物の色は饒舌です。
季節によっても変わる。
それを引き立てる鉢に主張する色は要らないと感じています。

だからニュートラルカラー(黒・グレー・紺・茶・ベージュ・白など)の鉢を使っています。


もちろん、鉢を主役にしたいときがあります。
気に入っているこの鉢を使いたい。
この鉢と合う多肉を植えたいというときが。


DSC_2562.jpg


こういう鉢。
ちなみにこちらの鉢はpottaryさんの作品です。
こういうときは多肉の色味(色数)を抑えます。
できれば鉢と調和する色の多肉を植えたい。
「色の調和」を常に意識しています。


洋服をコーディネートするときにも使えるポイント。
身に着けている(化粧・マニキュア含め)色数を抑えるとスマートに見えます。
スマートというのは、細く見えるという意味ではなく、すっきり洗練されて見えるという意味です。

鉢もカラフル、多肉の寄せ植えもカラフル。
という組み合わせは、長い目で見ると飽きると思います。

これはインテリアのカラーコーディネートをするときのセオリーです。
絨毯、カーテン、などの面積の広い色物はニュートラルカラーにすると飽きないし、コーディネートしやすいです。

色は小物で遊ぶ。
小物なら飽きたらすぐに替えられるからです。


なにかの参考になりましたでしょうか。

スポンサーサイト

今日もモクモクと秋色タニク

秋色タニク第2弾。
写真が多いのでコメント少なめで。

DSC_3315.jpg

グリムワンの乙女心添え。


DSC_3299.jpg

ローサ、根元にいるのはブロンズ姫、双子の養老、どこの鉢にも紛れてる雑種マグドガリー。


DSC_3375.jpg

白いのは福娘、赤いのはブベッセンス。


DSC_3334.jpg

いつも肉厚、花うらら。


DSC_3313.jpg

どんどん小さくなる(親が)ルンヨニー。


DSC_3285.jpg

クラッスラ組、ロゲルシー錦と姫星、見えない場所に十字星もいる。


DSC_3310.jpg

アドロミスクス・クーペリー。模様が紅葉しています。
そして土に隙間があると虹の玉やなんやらの葉挿し子を仕込みたくなる症候群。


DSC_3362.jpg

一番赤い赤鬼城。


最後は、


DSC_3331_20111102110117.jpg

ブルゲリ兄弟。
赤く染まっています。


さてと、これで撮り貯めしたベンケイソウ科タニクの写真をほぼアップしました。
以降は春になるまで彼らが登場する機会はほとんど無いでしょう。


明日は最低気温がとうとうマイナスになる十勝より駆け足で秋色タニクをご紹介しました。

秋色タニク

ご無沙汰しております。


DSC_3326.jpg

大和美尼

今日は秋色の多肉特集。
写真の数が多いのでモクモクとアップします。


DSC_3352.jpg

手前と中央がオーロラ、後ろの3つが虹の玉、霜の朝、スパーバム。


DSC_3368.jpg

熊童子、根元にいるのは雑種マグドガリー、たぶんローサ。


DSC_3361.jpg

リトルジェム、ブロンズ姫。


DSC_3343.jpg

古紫、クインテンシス・コルンビアナ、初恋、姫暁月、トリマネンシス。


DSC_3339.jpg

チワワエンシス。


DSC_3374.jpg

こっちもチワワエンシス、クインテンシス・コルンビアナ、アイボリー、乙女心。



DSC_3307.jpg

最後は庭の芝生の朝露と山もみじ(の落ち葉)。
夫が撮影したものです。
美しい写真だな…と思うと同時に落ち葉掃除しなきゃな…と思う。
この時期は毎日が落ち葉との戦い。

今週は最低気温が5℃より下がります。
すべての多肉を本日室内へ移動予定。


今年の多肉外置きシーズンが終わりました。


素敵な鉢がやって来た ー前篇ー

今日の主役は鉢です。

トゲトゲ鉢で有名なpottaryさんより鉢をいただきました。


DSC_2524.jpg

トルコ石のような温かみのあるブルーとちょこんと付いた足が印象的なこの鉢。


DSC_2572.jpg

櫛目で梳いたような地模様に流れたような青の濃淡。
表面にはキラキラのラメ感もあり。

なんといってもこの足がチャームポイント!
底穴もちゃんと空いてます。


トゲトゲ鉢をもらったあの方も色々試されているようですが、私も同じ。
こういう妄想を掻き立てる鉢に出会うとなにを植えようかワクワクしてしまう!


DSC_2529.jpg

こんなのはどうかな?
和を感じさせる鉢に和を感じさせるエケ・大和美尼。

でも、ちょっと違う。
色が違う。
この鉢を活かすのは、この青と調和する色の多肉でなければ。


DSC_2546.jpg

この鉢の青はウォーム系(イエローベース)の青。
だったら、同じウォーム系である熊童子のグリーンならば調和します。


DSC_2542.jpg

いや、やっぱりここはハオルチアでしょう。
これは、はじめて紹介するハオで、H. specksii JDV92/23 Wittleseaです。
う~んちょっと雰囲気が違う。もっとほっこりしたのがいいよね。


DSC_2538.jpg

これ、福娘なんかどう?ほっこりしてるし。


DSC_2534.jpg

いっそのこと、寄せ植えとか!
う~ん色がちょっとウルサイか。


DSC_2532.jpg

シンプルかつほっこりしたエケベリアのローサ。
お!キタ。かなりイイんでない?


で、結局、私がなにを植えたかというと・・




DSC_2566.jpg

ハオのシンビフォルミスでした。


DSC_2557.jpg

実は第一印象からこれに決まってました!
迷いはありませんでした。

この青に合うのはこのシンビのオレンジだと思っていました。
お互い活かし活かされる色・質感・形。

久しぶりに昔携わった仕事を思い出しました。
その人を活かす色、質感、デザインは・・・という。


いや~~~~いい鉢をもらった!!
pottaryさん、ありがとうございました!!


次回は、素敵な鉢がやって来た ー後篇ー です。お楽しみに!


余談ですが、

植え替え途中だったローサは・・

DSC_2617.jpg

こんなパステル調の寄せ植えになりました。


紫の多肉

色と多肉シリーズ。今日は紫で。


IMG_1023.jpg

bisui丼の中のデビー。
このひとはずっとこういう色なんですね。きれいな赤紫。
今の時期、この色は一際目を惹きます。
ちなみにデビーは、グラプトベリアですね。
小さなお子様がおりますが、この子はデビーの子ではなく隣の秋麗の子です。


IMG_1025.jpg

秋麗も薄紫色が入っています。そして同じくグラプトベリア。※グラプトセダム?
グラプトベリアってイイですね。
普及種ってイイ。近頃はハオよりもこういう普及種に目が行ってしょうがないです。
この寄せ植えを作った頃は「あばれ」が怖いお子様だったので、
せっかくあばれている秋麗を短くカットしてしまったのですが、
もう大丈夫。あばれ大歓迎ですので、どんどんやっちゃってください。


IMG_1026.jpg

寄せ植えの中のパープルキング。別名初恋。
今調べたら、これもグラプトベリアみたいですね。
エケベリアで入手しましたが、やはりグラプトの血が流れていましたか。


IMG_1020.jpg

今回の主役は子持ち蓮華ではなくエゾミセバヤです。
写真の撮り方を間違えました。
右下に見切れている方のミセバヤはnabeさんからいただいたミセバヤです。
地植えにしてみました。調子いいです!


IMG_1022.jpg

ルビーネックレス。
この子も我が家の環境では年中ルビー色です。
前日に水をやったので少し緑がかっています。
本州の方のルビーネックレスがきれいな緑なのを見て軽く驚きました。
緑のルビーネックレスもかわいいですね。


IMG_1028.jpg

こちらもぶら下がり多肉のハートカズラ。
ルビーネックレスと似たような色だったけか?と思っていましたが、
こうやって並べてみると、全然違う紫ですね。
すみません縦構図の写真が続いてしまいました。


IMG_1014.jpg

最後はパールフォンニュルンベルグ。
つい最近買ってきたのですが、その時より引き締まって色も濃くなってきました♪
葉っぱに付いている白い点はムシではなくペンキですのでご安心を。


※追記
色々調べていたら、秋麗はグラプトセダムらしいですね?
ここら辺の細かい分類はヘタに手を出すと火傷しそうなので、
「キミノ色ハ」では大雑把にグラプトペタルムもグラプトセダムもグラプトベリアも
みな「グラプト」のカテゴリーに入れてしまう事にしました。ひとまずは。






プロフィール

*SEN

Author:*SEN
北の大地にてふたりの息子と格闘する毎日。
心のオアシスは多肉植物です。
なにかあるとすぐ多肉に逃避。
ハオルチアを主食としています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。