スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹虎

前回までのあらすじー

pottaryさんから鉢が送られてきた。

それはとてつもない芸術作品だった。
私は戸惑った。
この鉢に見合うハオルチアなど我が家にはない・・。

そのとき閃いた。
そうだ。
あのハオがあったじゃないか・・!
あのハオが。


それが竹虎です。


DSC_2670.jpg

ハオルチア 竹虎 (2011年4月購入

ん?
これが秘蔵のハオなの?
と思ったあなた!
RuchiaさんのGallary Boxの写真をご覧ください。

まあ、八割方写真に騙されてる(素人があんな風に育てるの無理)っぽいですけどねw

それと私が大好きなブログ、吉田園芸部さんの竹虎も。

こんな風にかっこよく育つといいなあ・・!
これってどういう交配なんでしょうかね?
なんでこんなにテカってるんでしょうね?

なんとなく、ルチアさんに聞いてもおしえてくれないような気がします。
誰かBB(ビックバザール)で思い切って聞いてきてください(ゝ。∂)☆


この竹虎、ご覧のようにまだ小苗です。
しばらくは慣れ親しんだプラ鉢で無難に育ってもらいたい。

そこで駆り出されたのが・・


DSC_2704.jpg

オラソニー。
丈夫で素直なオラソニーに実験台として入ってもらうことにしました。



DSC_2701.jpg

鉢の形に四角く、窮屈そうに根を張っていたオラソニー。
この鉢に入ってはじめて根っこをのびのびと伸ばしています。

底穴はわりと大きいのですが、とにかく土が沢山入ります。
通気性が未知数な鉢です。
鉢の下の方は鉢底石(軽石)を多めに入れて、土は粒子の大きい焼赤玉土を採用しました。

水をやってはじめて気づいたのはこの鉢が半素焼きなこと。
釉薬(って言うんですかね?)の掛かっていない部分は水が内部からじわっと滲み出てきます。

なんとなく通気性イイ感じじゃん?(嬉しくてつい
一応、土に竹串を刺して乾きの目安にします。

植えてから1週間が経ちました。
竹虎もこの鉢も、また動きがありましたらレポートします。






スポンサーサイト
プロフィール

*SEN

Author:*SEN
北の大地にてふたりの息子と格闘する毎日。
心のオアシスは多肉植物です。
なにかあるとすぐ多肉に逃避。
ハオルチアを主食としています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。