スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーム系とクール系

色彩というのは大きく分けて、ウォーム系とクール系のふたつに分類することができます。

ウォーム系というのは暖かい(Warm)色。クール系は冷たい(Cool)色です。

「じゃあ、赤はウォーム系で、青はクール系ですね。」

ちょっと違います。

同じ赤でもトマトの赤はウォーム。
ワインの赤はクールです。

ウォーム系はイエローをベースにした暖かい色。
クール系はブルーがベースになっている冷たい色と言ったらわかりやすいでしょうか。

かといって黄色が全部ウォーム系ではありません。
レモンのようなつめたい黄色もあります。

青のなかにも、ターコイズ石のような青はあたたかい青なのです。

ややこしくなってきましたね。

結論を言いますと、同じウォーム系ならウォーム系、クール系ならクール系でまとめた色調は調和しています。

色の組み合わせの法則です。

私はかつてこの法則を活用した職業、カラーアナリストの助手をしていました。

人間にも、もちろん色があります。
そのひとの生まれ持った色に調和する色調の洋服、メイク、インテリアなどを見つけるお手伝いをしていました。


さて、多肉さんたちにも色があります。

そして鉢の色によってその見え方はかなり違ってきます。
その子を一番魅力的にみせる鉢の色はどんな色なのでしょうか・・。

正直、いままでは鉢の色にはこだわらず、近所のホームセンターで購入する素焼き(テラコッタ)の鉢を愛用していました。

が!

気になっていました。

テラコッタが似合う子もいれば、似合わない子もいるんです。
だいたいが、素焼き自体が我が家の環境では乾きすぎてつらい環境のようです。

色に関して言葉で説明するのは難しいですね。

ひとつ例を出します。

IMG_1567_convert_20090222101044.jpg

こちらの花月夜。
この子はウォーム系です。
そして、黒い鉢。黒はクール系です。

主役である花月夜のほんのりした色調に対して、脇役の黒が強すぎます。

こちらはどうでしょうか。

IMG_8584_convert_20090222101115.jpg

ベージュの鉢に入れてみました。
鉢の色が完全に脇役になって、花月夜のよさが引き立っていると思いませんか。

同じ条件(多肉の状態、光、アングル)のもとで比較できればもっとわかりやすいのですが。。

このベージュの鉢、実は既存のテラコッタの鉢をペンキで塗ったものなのです。
このベージュはウォーム系なのか、クール系なのかと言いますと、
実はどちらにも似合うように、どちらの系統なのかはっきり区分けできない色(という色もあるのです)にしたのです。

つまり、他に合わせた色によってウォーム系にもクール系にもひっぱれる色なのです。

長くなりそうなので、今日はここまで。。

★追記

~~ お詫び ~~
コメントスパムがあった為、設定を変えたところ、せっかくコメントくださった方のコメントまではじいてしまいました。申し訳ございませんでしたああーー(TT)。
設定を元に戻しましたので以降は大丈夫だと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sen625.blog9.fc2.com/tb.php/20-e39afd73

Comment

| | 2009.02.22 21:17
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ミリわん | URL | 2009.02.22 21:20 | Edit
色味は大事ですね。この辺はセンスというか、感覚なので、言葉や文字で表現するのは難しいです。
今回の色のお話は例え方が的確でよくわかりました。

私も素焼きの鉢に軽くミルク色のアクリル絵の具をスポンジで色付けしたものを使っています。確かにこれは万能ですね。
SEN | URL | 2009.02.23 08:57
コメントありがとうございます~。
色は言葉で説明するのは難しいですよね。私にPCのスキルがあれば、もっと色見本を出すなどしてわかりやすく表現できたのにー!

ミリわんさんも鉢を塗っていらっしゃるんですね!
ミルク色(乳白色)とはナイスチョイスです!
わりとどんな色にでも合って、使いやすい色だと思いますよ。
スポンジで色つけされているんですね。なるほど・・!

色はちょっとした組み合わせのコツで素敵に見えたりします。
また、すごいパワーを秘めていたりもします。
そんなちょっとしたコボレ話をこれからもお伝えできればなと思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

*SEN

Author:*SEN
北の大地にてふたりの息子と格闘する毎日。
心のオアシスは多肉植物です。
なにかあるとすぐ多肉に逃避。
ハオルチアを主食としています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。